田澤由利の
テレワークブログ

田澤由利(株式会社テレワークマネジメント・株式会社ワイズスタッフ代表取締役)による、テレワークに関する情報や思いを発信。

Sococo, テレワーク製品・サービス

Sococo de お正月

明けましておめでとうございます!Sococoサポートです。

 

皆さん、年末年始の休暇をどのようにお過ごしでしたか。

今年こそは、コロナウィルスに振り回されない働き方ができる年になってほしいものです。

 

さて、Sococoチームでは、クリスマス企画につづいて、

「Sococo deお正月」と題した社内イベントを企画しました。

 

前回同様、ある1日を、テーマにあったデザインのスペースで業務をすることに。

Sococoのスペースには、日本をモチーフにしたデザインがあり、

今回はこちらを採用しました。

Sococoでお正月気分を味わいます
Sococoの「Tokyo View」レイアウト

 

富士山に、東京タワー、(多分)浅草寺の雷門、そして日の出

(地理的には日の入りかもしれないけれど、太陽が昇るイメージの方がよいので「日の出」ということで)、ビルのネオンには、謎の言葉が並んでいます。

 

ちょっと補足しますと、Sococoの開発/販売元はアメリカの企業です。

海外から見た「日本」のイメージなのでしょう。

 

そして、Sococoには平面的なレイアウトだけでなく、

断面的なデザインもあります。

 

部屋へ入ると、リアルと同様、空いている椅子やソファーにアバターが座ります。

遊び心を持たせつつリアリティもある空間になっています。

 

椅子や立てる場所だけとなると、自然と収容人数は少な目なので、

20名程度の小規模利用に適したレイアウトです。

Sococoでお正月2

ある時間帯の弊社:集中作業している人や、コワークスペースで業務中の人、右側には打合せ中の社員や来客対応中の社員もいます。

私たちの会社は小規模で

15名程度ではありますが、少々手狭な印象を持ちました。

(全員で集まれる部屋が路上しかない^^;)

 

ちょっと不便な点もありましたが、

各部屋の活用法を皆で相談したり、この企画も社内コミュニケーション活性化に貢献できました。

 

Sococoのレイアウトの種類は、気づけば270を超え、

300を超えるのも目前となりました。

 

リアルではできない【バーチャルオフィスだからこその遊び心】がSococoにはあります。

 

よかったら皆さんもSococoの世界を体験してみてください。

 

Sococoに興味を持ってくださった方はぜひこちら