田澤由利の
テレワークブログ

田澤由利(株式会社テレワークマネジメント・株式会社ワイズスタッフ代表取締役)による、テレワークに関する情報や思いを発信。

テレワーク記事・ニュース

【ライフハッカー】「在宅勤務を解禁したほうが生産性が上がる」という見解

ライフハッカー日本語版に興味深い記事が掲載されています。

「在宅勤務を解禁したほうが生産性が上がる」という見解

在宅勤務は従業員に監視の目が行き届かず、生産性が下がると思われがちですが、実は、在宅勤務の方が生産性が上がる、という研究結果があるそうです。

記事によると、生産性をテーマとするブログメディア「WebWorkerDaily」では、在宅勤務によって生産性が向上すると主張しており、その根拠として「自宅で仕事をする従業員の方が、オフィスで仕事をする人よりも、より多く、よりよいクオリティの仕事をしている」という、英Cranfield School of Managementの研究結果(英文)を挙げているそうです。

そのほか、以下のような調査結果が紹介されています。

・在宅勤務に関する米Ciscoの最近の調査(英文)では、66%が「自宅で仕事ができ、通勤しなくてよいならば、給料が下がっても構わない」と回答し、自宅で実際に仕事をしている回答者の45%が「オフィスで仕事をしていたときに比べ、一日平均2~3時間、仕事時間が増えた」と答えている。
・2009年から2010年に在宅勤務者が42%増えた(「Elance」の調査結果(英文))。

記事の最後では、「Ciscoの調査結果を見ても、在宅勤務したい人は多いようですので、会社側としては、優秀な人材を確保する上でも、在宅勤務の解禁を考える時期に来ているのかもしれませんね。」と述べられています。

これらの調査結果、テレワーク導入を渋る上司や会社を説得するのに使えるかもしれませんね(^^)


テレワークのことなら
株式会社テレワークマネジメント