メールマガジン「田澤由利のテレワーク通信」の購読お申込み

株式会社テレワークマネジメント

在宅勤務が会社を救う

テレワークJAPAN~テレワークで日本を変えよう~

災害時のテレワーク アーカイブ

テレワークHOKKAIDO

業務コミュニケーションツール Pro.メール2.0

Fチェア

ITお手伝いサービス

Movable Typeロゴ RSSロゴ

テレビ放送|田澤由利講演の様子が、徳島県内ケーブルテレビで放送中(3/2~4/5)★後日YouTube公開予定

お知らせ

昨年11月に田澤由利が出演した、徳島県主催の「働く女性応援シンポジウム」の様子が、県内のケーブルテレビで3/2~4/5のあいだ放送されています。


県政アンテナテレビ「とくしまハーツ」

30分番組で、徳島県内すべてのケーブルテレビで放送されます。
また、YouTubeでの公開も予定しておりますので、公開後、地域に限らずご視聴いただけます。

■放送予定:2015/3/2(月)~4/5(日)

■再放送予定:2015/5/11(月)~6/14(日)

■YouTube公開予定:4/6週
動画は、徳島県HPの「インターネット放送局」のページに掲載される予定です。
インターネット放送局「県政アンテナテレビとくしまハーツ」


▼当日の講演の様子(田澤のFacebookより)
徳島県シンポジウムで田澤が講演
シンポジウムへは、田澤はインターネット中継で出演。
テレビ会議システムを通じて、徳島会場の皆様へテレワークについてお話させていただきました。


★徳島新聞でも、シンポジウムの様子をご紹介いただいています。
女性活躍へ「テレワーク」 徳島市でシンポ、活用・普及法探る (徳島新聞 2014年11月8日)

テレワーク等、女性活躍推進の取り組みに評価|KDDI、3年連続「なでしこ銘柄」選定&「2015 J-Win ダイバーシティ・アワード」大賞受賞

企業のテレワーク

KDDIが、女性の活躍推進を積極的に推進する企業として、3年連続の「なでしこ銘柄」選定と、さらに「2015 J-Win ダイバーシティ・アワード」の大賞を受賞。

同社では、2005年頃から女性の活躍推進に取り組み、テレワーク(在宅勤務)制度の導入や育児休業制度の改定等を実施。テレワークについては、対象社員に限定がなく、現在テレワークのアカウントを持つ社員数は約7,000人と、全社員の6割以上に達しているそうです。

「なでしこ銘柄」に3年連続で選定、さらに「2015 J-Win ダイバーシティ・アワード」大賞受賞。KDDIの女性活躍推進への取り組み(2015/3/18付 TIME&SPACE)

Googleの在宅勤務|AERA

企業のテレワーク

AERA3月16日号でGoogleの在宅勤務が紹介されました。

(ワーママの肖像:8)グーグル広報部長・河野あや子さん グーグル式で社外も変える

ふるさとテレワーク|高市総務大臣、閣議後記者会見で推進状況を説明

テレワーク政策・統計・白書

高市総務大臣の閣議後記者会見で、「ふるさとテレワーク」の推進状況について、説明がありました。

高市総務大臣閣議後記者会見の概要
(総務省HP 2015年3月13日公表)

「ふるさとテレワーク」は、田澤由利も構成員として参加する「地方のポテンシャルを引き出すテレワークやWi-Fi等の活用に関する研究会」が提言。
高市総務大臣の発言では、その推進について、モデル実証を行うための準備を進めているとしています。

厚生労働事務次官がテレワーク協会会長と対談|テレワークで女性活躍と地方創生

テレワーク記事・ニュース

村木厚生労働事務次官と、宇治日本テレワーク協会会長の対談記事が、協会のHPで公開されています。

「良質なテレワークで女性活躍と地方創生 ワークスタイル変革を実現」と題した記事では、少子高齢化や労働人口の減少傾向という課題に対して、テレワークという働き方が有効であると語っています。

日本テレワーク協会HP
特別対談企画「良質なテレワークで女性活躍と地方創生 ワークスタイル変革を実現」(PDF)

テレワーク(在宅勤務)最新情報一覧

Copyright 2015 Y's Staff All Rights Reserved.