メールマガジン「田澤由利のテレワーク通信」の購読お申込み

株式会社テレワークマネジメント

在宅勤務が会社を救う

テレワークJAPAN~テレワークで日本を変えよう~

災害時のテレワーク アーカイブ

テレワークHOKKAIDO

業務コミュニケーションツール Pro.メール2.0

Fチェア

ITお手伝いサービス

Movable Typeロゴ RSSロゴ

在宅勤務も試行|鳥取県、サテライトオフィスの設置

国・自治体のテレワーク

鳥取県では、新年度、県内3カ所にサテライトオフィスを設置し、育児や介護などの事情がある場合は自宅から最寄りのオフィスへの出勤を認めるとのこと。また、在宅勤務も試行し、ワークライフバランス支援を進め、さらには「職員の生産性や効率性を高め、行政サービスの向上につなげたい」としています。

県がサテライトオフィス 仕事・家庭の両立支援(2015/2/20付 日本海新聞)

釧路市|長期滞在型テレワーク試行

テレワーク政策・統計・白書

2015年2月26日付、釧路新聞の記事です。

長期滞在促進でテレワーク事業試行/釧路市

釧路市は新年度に、近年力を入れている長期滞在(移住)促進事業をさらに強化するため、テレワーク事業を試行するそうです。

佐賀県、テレワーク導入の道のりについて講演|公共・自治体 ICT化事例セミナー

国・自治体のテレワーク

2015/2/20付、ITproの記事です。

「10月のテレワーク全庁展開に向けて4月から全力疾走だった」、佐賀県が講演

2/17に都内で開催された「公共・自治体 ICT化事例セミナー」での、佐賀県のテレワーク(在宅勤務)導入に関する講演内容が詳しくまとめられています。

----------
*佐賀県の在宅勤務に関する記事

佐賀県職員、テレワーク事例を報告|都道府県CIOフォーラム
テレワーク導入事例を紹介|カルビーや日本マイクロソフト、佐賀県など(毎日新聞)
佐賀県全庁テレワーク導入へ|自治体初
佐賀県 週1回全職員がテレワーク 10月から
佐賀県がテレワークに成功したポイント
【佐賀県】タブレットで佐賀が変わる? ワークスタイルと管理職の意識を改革する県庁の秘策
【佐賀県】テレワーク推進 出先でも庁内システム利用
【佐賀県】ほぼ全職員に職場外勤務

田澤由利連載|「在宅勤務を失敗させない6つのポイント(2)ダイバーシティー推進で在宅勤務を加速させる」

テレワーク記事・ニュース

田澤由利による日経DUALでの連載「在宅勤務を失敗させない6つのポイント」。在宅勤務導入に積極的に取り組む企業の事例を紹介しながら、多くの企業が導入時にぶつかりがちな問題点と対策法を紹介しています。

第2回では、早くからテレワークのトライアルを実施し、昨年11月にダイバーシティ推進室を設置したマスミューチュアル生命を取り上げさせていただきました。
福岡本社と東京本社の2拠点体制によってテレワークを一気に社内に浸透させようと試みるマスミューチュアル生命の事例を通して見えてきた、「在宅勤務を失敗させない2つ目のポイント」とは?
ぜひお読みください。(※全文閲覧には無料の会員登録が必要です)

▼第2回  2015年2月24日公開
ダイバーシティー推進で在宅勤務を加速させる
【2】マスミューチュアル生命/マネジャーをはじめ全社員に体験させることで意識改革を促す

▼第1回 2014年11月5日公開
在宅勤務導入の目的は「生産性向上」である
シータス&ゼネラルプレス社/2回のトライアルを経て経営者の理解も深まる

★過去の日経DUALでの連載も以下よりご覧いただけます
田澤由利 在宅勤務が日本を変える(連載バックナンバー)

テレワーク普及へ民間企業に専門家派遣|総務省

テレワーク政策・統計・白書

2015/2/22付、日本経済新聞の記事です。

テレワーク普及へ民間企業に専門家派遣 総務省
 #全文閲覧には会員登録が必要です。

総務省がテレワークを普及させるため、社労士やシステムエンジニアなど、導入を手伝う専門家を民間企業に派遣する仕組みを2015年度に作るとのことです。

テレワーク(在宅勤務)最新情報一覧

Copyright 2015 Y's Staff All Rights Reserved.