メールマガジン「田澤由利のテレワーク通信」の購読お申込み

育休中に働く社員の日記

テレワークコンサルタント日記

ゆりの徒然テレワーク

株式会社テレワークマネジメント

テレまち

テレワーカーの在席管理ステム Fチェア

在宅勤務が会社を救う

テレワークJAPAN~テレワークで日本を変えよう~

災害時のテレワーク アーカイブ

業務コミュニケーションツール Pro.メール2.0

ITお手伝いサービス

Movable Typeロゴ RSSロゴ

いまさらきけない「テレワーク」とは?~テレワークを導入した企業様の「声」|テレワークコンサルタントのブログ

テレワークコンサルタント日記

こんにちは!「いまさらきけない「テレワーク」とは?」シリーズを担当しています、エッセンなおです。

前回のテーマ「どんな仕事が実施できるの?」で予告させていただていましたが、今回は、番外編としてテレワークを導入した企業様の「声」をご紹介します。

これらのコメントは、総務省が公開している「テレワークの普及促進に向けた調査研究」のテレワーク導入支援事例集(※詳細は末尾で)より抜粋させていただいています。

では早速以下よりどうぞ。

『テレワークというと一般的に要介護や産後、遠地での勤務などの労働者のマイナス要素を補完し、企業側が労働力の確保を実現するイメージが強かったのですが、トライアル実施を経て業務効率の改善に一助することを発見できました』


『育児や介護等の理由により通常勤務が困難な社員の働きやすさ向上のメリットに期待をして実施したが、業務の可視化や効率化など全社員に共通するような効果が見られたため、その他の様々な立場の社員においても実施して更なる検証を行い、本格導入に繋げていきたい。』


『もっと時間や場所を有効に使いたいといった潜在的なニーズを公式に認めてあげることで社内の雰囲気がさらによくなっていくと期待しています。これから出産・育児・介護等のライフステージを迎える社員たちにとって、会社がテレワークを導入することは、本人だけでなく、その周囲の人々にまで良い影響をもたらすことが出来ると信じており、社内という小さい枠だけでなく、大きな社会的意義があると考えております。』


『業務効率、個々のライフスタイルへの柔軟性などからテレワークは必要不可欠と考えている。しかし業務の変化に応じて使用するツールや環境整備も変える必要があり、個々の家庭環境の変化によっても会社の制度が柔軟である必要性も考えると、継続的に終わり無く取り組んで行くものであると感じました。それらは、おそらくテレワークに限らず、働き方の多様性という意味では、どこでどういった形態で働こうが、会社として必要になることだろうと思いました。』


『在宅でカウンセリングができることで育児をしながら時間を有効に使うことができる上、今後の採用においては環境さえ整えば仮設住宅や離島・海外にいる人をカウンセラーとして雇用することもできることが分かった。』


ワークライフバランスの確保・コスト削減・人財確保の面で非常に効果があった。テレワーク実施の際の課題も試行してはじめて見えてくるものが多かった。テレワークという遠隔地のコミュニケーションを円滑化するツールが、それまでの近くで働いている人間同士もおたがいの仕事を見える化でき、プロジェクト達成へのモチベーションアップにつながるという想定外の効果もあった。』


『現在は子育て中の女性社員を対象に在宅勤務を導入しようと試みておりますが、個人的には、誰もが在宅勤務ができるようになれればいいなと考えます。近い将来、介護の問題も出てくると思いますので、柔軟な働き方を会社には提供してもらいたいと思います。』


『個々に今行ってる仕事にかかる時間を意識し、効率よく作業できるように改善していく事ができました。』


…いかがでしたか?「現場の声」から、テレワークによって得られるいろいろな「効果」が伝わってきたのではないでしょうか。

本日紹介した事例の詳細はこちらにも掲載されています。
【テレワーク導入支援事例集】
総務省 H26年度 テレワークの普及促進に向けた調査研究

総務省 H27年度 テレワークの普及促進に向けた調査研究


次回もお楽しみに!

田澤由利 登壇|「WAW!Brunei Darussalam 2016」

テレワーク記事・ニュース

12月5日(月)、田澤由利は、ブルネイ・ダルサラーム国で行われた「WAW! Brunei Darussalam 2016」において、テレワークと女性の起業について講演致しました。

詳細につきましては、プレスリリースをご覧下さい。

外務省 国際女性会議のサイドイベントにて日本のテレワークの第一人者がブルネイ国で講演(2016/12/8付 プレスリリース)

「ふるさとテレワーク」に沿った共同取組開始|塩尻市振興公社とネットワン

ふるさとテレワーク

塩尻市振興公社とネットワンシステムズは、総務省が推進する「ふるさとテレワーク」に沿った共同の取り組みを開始しました。

塩尻市振興公社とネットワン、ふるさとテレワークに沿った取り組みを開始
(2016/12/6付 BCN Bizline)

「働き方改革」セミナー”テレワーク導入の決め手!”(12/14、川崎)

テレワーク講演・イベント

2016/12/14、神奈川県川崎市でテレワークに関するセミナーが開催されます。「テレワーク導入の決め手」をテーマに、テレワーク時のセキュリティ対策などが導入事例とともに紹介されるそうです。
お申込み詳細は主催者からの案内をご参照ください。

「働き方改革」セミナー”テレワーク導入の決め手!”
(JBアドバンスト・テクノロジー社のサイトへ移動します)

<開催概要>
日 時:2016年12月14日(水)
    15:30~17:00(15:00受付開始)
会 場:JBグループ川崎事業所 <アクセスマップ>
    ・住 所: 〒212-0013 神奈川県川崎市幸区堀川町580 ソリッドスクエア西館20階
    ・最寄駅:京浜急行線京急川崎駅西口より徒歩5分   
  JR川崎駅西口より徒歩7分 
定 員:30名
費 用:無料(※事前のお申込が必要です)
共 催:株式会社イグアス
    JBサービス株式会社
    JBアドバンスト・テクノロジー株式会社

秋田県、育児中の男性職員がテレワーク|事例紹介(毎日新聞)

国・自治体のテレワーク

12/3付、毎日新聞の記事です。

県庁で試験始動 増える「子供との時間」 /秋田
(2016年12月3日 毎日新聞 地方版)
 #全文の閲覧には会員登録が必要です。

育児・介護中の職員を対象に、今年11月からテレワークの実証実験を始めた秋田県。同県庁の男性職員が育児をしながらテレワークで働く様子が詳しく紹介されています。

*ブログ内関連記事
テレワークの実証実験を開始|秋田県(2016年11月2日更新)

テレワーク(在宅勤務)最新情報一覧

Copyright 2016 Y's Staff & Telework Management All Rights Reserved.