メールマガジン「田澤由利のテレワーク通信」の購読お申込み

株式会社テレワークマネジメント

在宅勤務が会社を救う

テレワークJAPAN~テレワークで日本を変えよう~

災害時のテレワーク アーカイブ

テレワークHOKKAIDO

業務コミュニケーションツール Pro.メール2.0

Fチェア

ITお手伝いサービス

Movable Typeロゴ RSSロゴ

« 前へ | トップページ | 次へ »

【北海道】ひとり親・障害者対象のIT在宅就業を支援 

国・自治体のテレワーク

本日(2010.4.13)の北海道新聞に、以下の記事が掲載されました。

北海道新聞
道、IT在宅就業を支援 ひとり親・障害者対象

北海道が、一人で子どもを育てる親や、障害者が在宅で仕事をするための「道在宅就業支援センター」を設置し運営する事業に取り組むという記事です。

記事をお読みいただくとわかるように、この事業は、北海道総合研究調査会と、私が経営する「ワイズスタッフおよびテレワークマネジメント含む4社・団体に委託され、来年度までの2年で、計300人に情報技術(IT)を研修、ホームページ制作など就業まで支援する体制を整えます。

概要は以下の通りです。
・研修は6、8、10月と、来年2月の計4回実施
・各75人名の受講者を募集(希望者が多ければ選考して決定)
・基礎訓練を最長6カ月、応用訓練を最長で1年
・基礎訓練には手当として月3万~5万円、応用訓練には同1万5千~2万5千円を支給

今回の事業は、「教育」と「手当」だけにとどまらず、技術を習得した人が、在宅(テレワーク)で就業できるように、「業務の開拓」や「業務処理」のしくみを構築することに、大きな意義があります。ひとり親や障がい者の方はもちろん、地域に「在宅で働ける環境を構築する」という意味でも、非常に重要な事業になると考えています。

関連記事→ ひとり親家庭等の在宅就業支援事業 , 障がい者のテレワーク

国・自治体のテレワーク最新情報一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コメント (2)

工藤 佳奈恵:

始めまして。
道新の「ひとり親・障害者対象のIT在宅就業を支援」の記事を読み、とても関心を持ち、メールさせていただきました。一つ質問ですが、研修の時間帯はどうなっているのでしょうか。現在の昼間のパートは続けたまま、研修に参加できるのでしょうか?私は、昼間のパートですが、夜に働いている方たちも沢山いると思いますが、どうなっているのでしょうか。是非参加したいのですが、研修の時間帯がとても気になります。

山崎樹弥:

> 研修者は6、8、10月と、来年2月の計4回実施

とありますが、「研修は・・・」ということですよね?


大変重要な事業の紹介と読み取れるのですが、それにしては推敲が杜撰に過ぎませんか?何人のスタッフが目を通しましたか?まさか著者の推敲のみで掲載するなんて事は無いとは思うのですが、業務フローをもう一度見直してみてはいかがでしょうか。
重要な事こそ単純に正確に。基本だと思いますがいかがでしょう?

このコメントは老婆心に過ぎません。公開されずとも問題有りません。ただ、公共団体から重要な事業を任されるならばそれなりの体制も必要かと思います。
納税者ならば御社ではなく選挙区の議員に問い合わせることとなるかもしれません。
しっかりしてください。

コメントを投稿

(コメントは承認制となっています。承認されるまでコメントは表示されません。)

Copyright 2014 Y's Staff All Rights Reserved.